動画制作会社への依頼

パソコン目的やターゲットは自分たちでも決められるかもしれませんが、ストーリーや話題性を自分たちで考え、それを映像にするのは簡単なことではありません。
最後まで見てもらい、話題になる動画制作を効率的に行うためには、経験豊富な動画制作会社へ依頼するのもおすすめの方法です。
たしかに、動画制作費用は必要かもしれません。
しかし、そこから生まれる効果は、コストをおさえて自分たちで制作した動画とは、比べものにならないものがあります。

では、どのような動画制作会社に依頼したらよいのでしょうか。
まずは、企画や台本制作から行ってくれる会社です。
その分の費用は必要ですが、多くの動画制作を行っているディレクターであれば、どのように見られるかを意識した台本を作ってくれます
また、自分たちでは気づかない、視聴者視点の見せ方も提案してくれるでしょう。
見積りの際、どこまで対応可能か、確認しておきましょう。
また、いろいろな質問をしてみて、提案や、他の事例を紹介してくれるかを見るのもよいでしょう。今の動画制作のトレンドなどをきちんと勉強した上で提案してくれる動画制作会社であれば、「今」に合った話題性の出し方、などもわかっているはずです。

なにより大切なのは、不明点や疑問点をその場できちんと解決できる関係を築けるかどうか。遠慮せず、いろいろな質問を投げかけてみて、誠実に答えてくれる制作会社を選べば安心です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★Relatedpost

動画制作のポイント

効果的で訴求力のある動画制作をするためには、どのようなポイントを抑えたらよいのでしょうか。

女性インターネット配信を想定している動画は、3分程度のものがほとんど。
5分のものを見てもらうためには、よほどの工夫をする必要があります。
短い時間に伝えたいことを盛り込むための重要なポイントは、目的を明確にすること。
何を達成するための動画なのか、を明確にしておくことは、内容だけでなく、シーンやシナリオの取捨選択をする場合の基準にもなります。
さらに、「誰に」「何を」伝えたいのかを明確にすることで、どんな映像や音声にしたらいいのかも決まってくるでしょう。

「目的」「誰に」「何を」が決まったら、具体的な「ストーリー」や「話題になるためのポイント」を考えていきます。
インターネット上で流れている動画や、店頭で流されているPR動画は、見る人すべてが最初から最後までを見てくれるわけではありません。
最初の5~10秒で興味を失う人の方が多い中、「続きは?」と思わせるストーリー性は重要です。
また、最近のPR動画のほとんどがSNSなどの「口コミ」で広がることからも分かるように、人々の心に残り、他の人にすすめてもらえるような「話題性」も大切なポイント。作っただけに終わらない工夫や仕組みづくりがなければ、効果的な動画制作はできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★Relatedpost

訴求力のある動画制作

スマホ動画でのプロモーションは、商品や企業の魅力をわかりやすく伝える、訴求力の高いPR手法として、なくてはならないものになっています。
雑誌や新聞、テレビの広告などで情報を発信していた行政や大手企業も、自分たちが運営するホームページだけでなく、YouTubeなどの動画サイト、SNSでの動画配信に力を入れるようになってきました
配信ツールの選択によっては、配信料を抑えつつ多くの人に見てもらえるため、インターネットでの動画配信は、中小企業や個人でも取り入れやすいものです。
そのため、動画をつかったPR活動をする事例は、より増加。
テレビのバラエティ番組や情報番組でも、個人が配信した面白いアイデアの動画を取り上げることも多く、YouTubeにアップした動画から、地域や企業、商品がヒットすることも珍しくありません。

最近の技術では、スマートフォンの動画でも、十分にきれいな動画制作ができるようになりました。大ヒットした映画「シン・ゴジラ」では、あえて手ブレが目立つスマートフォンで撮影した映像を随所に差し込み、リアル感を出したことも話題になりました。編集もスマートフォンや無料のソフトで簡単に行えます。今や、誰でもアイデアがあれば、話題になる動画制作ができるツールが揃っているのです。

だからといって、誰でも、話題になる、商品が売れる、など、目的を達成できるような動画制作ができるわけではありません。十分な時間をさいても、なかなか思ったような動画にならないことも少なくありません。このサイトでは、PR動画作成のポイントと、動画制作会社へ依頼する際のポイントを紹介します。